ご挨拶

吟道は日本古来の伝統芸能にして、高い文化性をもっております。師であり父でもある揖水流家元の長女として生まれ、四歳から厳しい指導を受け、吟道生活は今年で46年を迎えます。父の意向を受け継ぎ、この度揖水流「詢風会(じゅんぷうかい)」を設立致しました。多くの方が詩吟の楽しさや素晴らしさに直接触れ、感じられるように広めていければこの上ない幸せです。テーマは“もっと詩吟を伝えよう!もっと詩吟を楽しもう!”です。

吟ずる人、聴く人の心に感動を与え、一編の詩、一首の歌に潜む作者の全生涯や、情緒あふれる詩の一つ一つに節を付け、伝統ある文化に親しんで頂けるよう、精一杯真心を込めてお伝えしたいと思っております。

石原詢子

詩吟揖水流宗家の長女として詩吟・剣舞・詩舞の師範代となる。詩吟レパートリーは300吟以上。

昭和50年 第19回中部九県詩吟大会 中部幼少年の部 優勝
昭和51年 同20回大会 少年の部 優勝
昭和52年 同21回大会 少年の部 優勝
昭和53年 日本コロンビア詩吟音楽会 中部幼年の部 優勝 中部地区代表となり、全国大会にて最優秀賞
昭和56年 財団法人 日本詩吟大会 少年の部 岐阜地区優勝、中部地区優勝、全国大会第7位、全国吟道祭 中部地区代表
昭和58年 財団法人 日本吟詠大会 青年の部 岐阜県優勝 中部地区3位

詩吟について

詩吟とは?

簡単に言えば、漢詩に節をつけて吟ずること。漢詩以外にも、和歌、俳句、今様などに節をつけることもあります。

詩吟の歴史

詩吟の起源は江戸時代後期にさかのぼります。中国から漢字が伝わった奈良~平安時代から漢詩に節をつけていたと言われていますが、現代の詩吟は、幕末の今でいう学者や学生が、漢詩に独特の節をつけて行われ、始まったのが今日の詩吟のルーツだと言われています。昭和に入り、数多くの吟詠家が活動し、広まっていきました。

漢詩とは?

中国文学の中で生まれたもので、中国文明が日本に伝わった時に日本でも作られるようになりました。漢詩には字の数と、句(行)数によって詩を次のように分類します。

イ.五言絶句 ロ.七言絶句 ハ.五言律詩 ニ.七言律詩

他にもございますが、詩の形式については各教室で説明、ご指導致します。

漢詩の種類

李白・杜甫・杜牧など多くの詩人が詠んだ中国の漢詩や、日本の戦国武将から幕末の志士らが詠んだ漢詩、百人一首、琵琶歌(びわうた)の中の和歌、あるいは松尾芭蕉が旅をしながら詠んだ俳句など、日本に伝わる詩人が残した今様、新体詩(明治時代の詩)などが数多くあります。

教室のご案内

概要

石原詢子、本人による詩吟教室を始めます。石原の父である揖水流家元・石原源風に4歳から厳しく指導を受け、12歳で師範代となる。師匠である亡き父親が「揖水流を継いで欲しい」と言う願いを叶えるべく、この度、本人が立ち上がり大阪教室・東京教室にて始動。
テーマは・・

~もっと詩吟を伝えよう、もっと詩吟を楽しもう~

詩吟の魅力、また日本の伝統芸能をもっと多くの方に知って楽しんで頂きたいです!
○詩吟の歴史
○漢詩について
○基本の発声方法・体験
○詩吟の指導
など、堅苦しくなく楽しんで頂ける教室にしたいと考えております!

詩吟に興味のある方。
趣味を持ちたい方。
ストレス発散をされたい方。
何か始めたいと考えてる方。
是非、ご参加ください!

* 各詩吟教室体験会は随時受付しております。
ご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

【教室入会・体験会参加希望の方、随時募集中】

TEL:03-6908-5180までお問合せ下さい。
教室は、大阪・東京教室の2か所となっております。

料金

入会申込みに関しての詳細は問合せください。

開催日程

3月 2018
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
« 2月   4月 »

こんな方におススメ

健康のために!

普段、大きな声を出せませんよね!?
お腹から声を出すこと、また詩吟の発声法は腹式呼吸です。この呼吸法を習って声を出すだけでも「健康」につながります。運動不足だな…と思われる方、健康管理の一環として始めてみませんか?

趣味をもちたい方!

何か始めたいけど、何をしていいか分からない…。また詩吟に興味はあるけれど難しそう…。まずは第一歩を踏み込んでみましょう。きっと新しい世界が見えてきます。そして興味深い詩吟の世界に魅了されること間違いなしです。楽しんで習っていただけるように努力致します。

ストレス解消のため!

現代社会人は誰でもストレスを抱えているものです。健康のためでもありますが、「大きな声を出すこと」また「日頃の生活に新しいことを取り入れたり、始めたりすること」により日常の疲れや、溜まったものを発散することが出来ます。一緒にストレスを解消しましょう。

苦手を克服したい!

人前に出て話をしたりするのが苦手、ましてや歌ったりするなんて…。でもそれを克服したい!!そう思っている方、そのお手伝いを致します。最初は出来なかった事が、そのうち出来るようになります。
急がず、焦らず、ゆっくりと慣れ、人前で何かをすることが、苦手から好きになれるようお力添えいたします。

レッスンの流れ

軽い準備運動(ストレッチ)

主に上半身の軽い運動をして、全身の力を抜きます。

発声練習

口の動かし方
アクセントの仕方
大きな声を出して腹式呼吸の練習
滑舌が良くなる発声法
息づかいのやり方  など多くの発声法をお教えします。

課題吟

漢詩の内容を説明(時には絵や図に書いて説明)
漢詩の作者について
実際にご自身のキーに合わせて吟じてみる(一節ずつ)
課題吟を習得されるまでご指導致します

軽いストレッチをして終了

*基本、1つの詩吟を大勢で(男女問わず)声をそろえて練習しますが、それぞれキーが違うのでその都度対応致します。